さっそくですが【ビタミンD】が健康に欠かせない栄養素だとご存知でしたか?

ビタミンと言われれば…

まず最初に出てくるのがビタミンC、次に出てくるのがビタミンBだと思います。

この2つも健康に欠かせないですけど、今回は意外と知られていない【ビタミンD】に注目していきましょう!

妊娠前にはもちろん、妊娠中や授乳中の方は特に大事になってきますので、最後まで読んでいただきたいです。

まず【ビタミンD】の最大の特徴

「人間が唯一体内で生成できるビタミン」

そうなんです。栄養素は食べ物で摂らなきゃいけないと思っていましたが、唯一ビタミンD は自分で作り出すことが出来るのです。

その方法とは…

約20分、日光に浴びること!



とても簡単ですね!

しかし、現代社会では日光を浴びる機会が減ったことで【ビタミンD】が不足がちです。

特に若い女性は日焼けが気になり、お日様を避けて生活しちゃいますよね?

また、窓越しに日光に当たっても【ビタミンD】は生成されないので、ますます不足がちになります。

では、[ビタミンDの働き]について説明します。

◯カルシウムとリンの吸収を促進する

◯血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる

◯免疫系が体内に侵入してくる細菌やウイルスを撃退するために不可欠

◯神経伝達や筋肉の収縮など正常に行う働きがあるので内分泌および心血管系に対しても効果を発揮する

◯体内の機能性タンパク質の働きを活性化

などの働きがあります。

簡単に言いますと…

「骨を丈夫にするのに欠かせないのはもちろん、体内のバランスを保つのにも欠かせない働きをする!」

ということです。

どうですか?健康のためにはビタミンDが大事だということが伝わりましたか?